グリーンガス株式会社
  • 0120-96-1234
  • メールでのお問合せはこちら

地球にやさしいエコな暮らしを、お客さまの生活スタイルに沿ってご提案しています。

太陽光発電
持続可能な社会を作るため、原発からの脱却を目指し、再生可能エネルギーが飛躍的に普及拡大しています。その柱となるのが「太陽光発電!」実は愛知県の補助金申請件数はとても多いんです。特に東三河地域は全国的にみても日照時間が長いため、発電量も多く、太陽光発電システムの設置にはとても有利なわけです。当社では設置から価格まで詳しいご説明やご提案をさせていただきます。
エネファーム
「エネファーム」は、家庭用燃料電池で電気をつくり、その際に発生した熱でつくったお湯を給湯や暖房に利用する新しいエネルギーシステムです。エネファームは自宅で発電するため、従来の発電(電力会社)システムと比べエネルギーのロスが顕著に低減されます。CO2削減、電気料金の節約できるうえにエネファーム用ガス料金を利用すればとてもお得です。太陽光発電と組み合わせれば、さらにエコなプランになります。

新エネルギーについて

ダブル発電とは
太陽光発電とエネファーム(燃料電池)の組み合わせ、または太陽光発電とエコウィルとの組み合わせを「ダブル発電」といいます。
太陽光発電は、太陽の光という自然エネルギーを利用して発電するシステムです。当然ですが、曇れば曇るほど発電量は低下してしまいます。そのため、天気によっては、自宅で消費する電気すらまかなえなくなってしまうこともあります。
そこで活躍するのがエネファームです。

エネファームはガスを用いた燃料電池ですので、天候により発電量が左右されることはありません。雨が降ってもエネファームで発電することにより、光熱費を抑えることができます。
天気があまり良くない日でも、太陽光発電とエネファームを併用することにより、無駄なく発電することができます。
ただ、残念ながら、エネファームで発電した電気は法律により売ることはできません。
しかし、エネファームで発電した電気は、優先的に自家消費分にまわすように設定されているため、家で使う電気はエネファームで、売電する電気は太陽光発電で、といったように分けることができます。
もちろん、発電設備を2つ導入するわけですから、費用はその分増えてしまいます。
しかし、エネファームで発電した電気は、優先的に自家消費分にまわすように設定されているため、家で使う電気はエネファームで、売電する電気は太陽光発電で、といったように分けることができます。
しかし、太陽光発電もエネファームも条件を満たせば、それぞれ国から補助金を受給することができます。
以上のように太陽光発電とエネファームは相性がよく、それにより高い省エネ・節約効果が見込まれています。
地球環境にも家計にもやさしい暮らしを、という目的で導入している家庭も増えているようです。
ダブル発電の特徴として、光熱費の節約・売電量の増加などが挙げられます。

リフォーム商品カタログ

  • 〒440-0091
    豊橋市下五井町字沖田161番地の1
    TEL:0532-53-8171